湘南の矯正医の料理とお酒の楽しみ方
大学を卒業し、湘南の地に憧れ、住み着いたのですが、それからもう27年も経ってしまいました。色々な経験をして今があります。そんな人生で得たことを綴っていければと思っています。
フリーエリア

6/4テレビで紹介!Oisixの野菜はこちら





プロフィール

torisu

Author:torisu
FC2ブログへようこそ!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今冬初めての赤なまこ
 先週だったか青ナマコは頂きましたが、赤ナマコは今冬初めてみました。立派な大きさで値段もまだ珍しいためかやや高めです。

しかし、ちょっと触るだけで真ん丸に体を縮めるくらいに生きは良いナマコです。本日ちょうど休肝日明けですので、楽しみにしています。ナマコも色々な食べ方がるようですが、ポン酢で頂くのが私は一番好きです。


[READ MORE...]
スポンサーサイト
アンコウの肝-続編-
 前回に作ったあんを早速翌日頂きました。半分はそのまま包丁でスライスしてポン酢でいただきましたが、何とも言えずネットリした舌感とともに口の中に広がる薫りが何とも言えず美味でした。

後の半分は片栗粉をまぶして、オリーブオイルとニンニクで加熱したフライパンに入れ両面に軽く焦げ目を付ける程度で皿に上げ、同じフライパンでしめじ、椎茸などのキノコ類を入れオイスターソースで炒め、ソテーしたあんの上にソースとして掛けました。


[READ MORE...]
アンコウの肝
 昨日帰りに魚屋さんでアンコウの肝と天然ぶりを買ってかえりました。早速脂の乗った天然ぶりの皮を引き、腹身の脂の乗った霜降りの刺身皿に盛りつけました。

家内が作ったおかずプラス一品増え早速夕飯を頂きましたが、今年初のぶりも、なかなかのものでした。アンコウの肝は下準備に時間が掛かりますので、食事中にその下準備をして、食後に以下の要理で仕上げました。


[READ MORE...]
休肝日の翌日は、どうしても美味しいツマミが欲しくなる
 昨日の火曜日は久々の5日振りに魚屋さんへ寄りました。月曜は休肝日でしたので、旨いツマミでお酒をと考え、寄った次第です。

立派な天然勘八を皮付きで1/4柵、青ナマコ一個、メイタカレイ一切れを買い込みました。

さてこれら材料をどうするかですが、まずメイタ鰈は蒸し魚でおろしポン酢掛け二するか普通に煮付けにするか迷うところです。勘八はタタキで、さてナマコはポン酢でと考えました。


[READ MORE...]
ボージョレ・ヌーボー
ボジョレーヌーボは確かに日本ではバカ高いものになっていますよね。これは葡萄の収穫祭のお祝いで飲む新酒のワインですから、このワイン自体が旨いということはありません。

ただ、ワインを飲みなれた人は、この新種のワインから情報を引き出し、今年のワインの熟成に伴う味や香りを想像することが可能です。

ですからこのワインを通ぶって飲むのは、かなり本物のワインを沢山飲んでいなければ、そこから得られる情報を感じ取ることができないのです。

また本物のワインすなわち熟成したしっかりとした重厚なワインなどを飲んでいると、間違いなくボジョレーは飲まなくなります。

誰でもそうですが、わざわざ不味いものは飲まないということです。日本はそれだけワインの味を知らない人が多いという証明でもあるわけです。

11月第3木曜日はフランスワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」の解禁日です。
昨日が解禁日だったのですが、JCのOB会があり、飲む機会がありました。

ボトルは凄く綺麗でした(^^)v
今年はブドウの成熟に重要な6~8月に暑い日と涼しい日が交互に続き、適度な酸味が保たれたバランスよい味わいになったという当たり年らしいのですが・・・
正直私はワインはよくわからないし、高い安い...
湘南の矯正医の料理とお酒の楽しみ方トップページ

松輪鯖のしめ鯖
 秋も深まり鯖も段々脂が乗ってきました。特にこの近辺で旨い鯖と言えば三浦の松輪の鯖が有名ですが、確かに旨い鯖です。私は福岡出身ですので、冬になると胡麻鯖といって真鯖の刺身に胡麻醤油と薬味をたっぷり掛けて頂く旨い鯖の食べ方がありますが、ついその食べ方を真似たくなるような鯖が松輪の鯖だと思います。

新鮮で脂の乗った松輪の鯖は、しめ鯖にしても絶品です。私のしめ鯖の作り方は、三枚に下ろした身を塩に20分、塩を洗い流し、ペーパータオルで水分を取り除き、酢に20分と短い時間で締めます。身はほほ生に近く微かに酢の香りする程度で身の色も鮮やかなピンク色をしています。

20061120145505.jpg


[READ MORE...]
白ワインの楽しみ方
 ワインにはワインがある。私はどちらも大好きだが、ワインの方があまり気疲れがしないため、つい自宅ではの方を好む。

だとに比べ抜栓の時間が、ビンテージの古い新しいどこの産地などでアロマからブーケに変わる時間がかなり違うため、これらを大まかだが計算し、その逆算から料理の準備など、兎に角時間が非常に気掛かりで自宅では余程の行事以外には遠慮するようにしている。

20061117140526.jpg


[READ MORE...]
鱈と湯豆腐の鍋
 寒くなるとですが、我が家で最も登場すると湯豆腐です。
通法とおり、に1:3の比率で出汁と水にお酒適量、羅臼の昆布10cm角を1枚入れて煮立つまで待ちます。

その間に生を食べやすいサイズに切り分ける。入れる野菜、キノコ類、豆腐を同様に食べやすいサイズにカットしておく。

20061115180853.jpg


[READ MORE...]





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。