湘南の矯正医の料理とお酒の楽しみ方
大学を卒業し、湘南の地に憧れ、住み着いたのですが、それからもう27年も経ってしまいました。色々な経験をして今があります。そんな人生で得たことを綴っていければと思っています。
フリーエリア

6/4テレビで紹介!Oisixの野菜はこちら





プロフィール

torisu

Author:torisu
FC2ブログへようこそ!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスイブのブランチ
 昨日はクリスマスイブでしたが、前日遅くまで隣家と一日早いイブを祝いましたので、何だか未だに多少お酒が残っている感じです。

起きた時間も昨晩のせいか寝坊をしまして、ブランチとしました。何にしようかと思いながらスパゲッティーに決めました。大きな鍋に水をたっぷり入れて沸騰させます。沸騰する間に具の準備のため、冷蔵庫を開けて何にしようか?と選びます。


[READ MORE...]
スポンサーサイト
我が家の平目のカルパッチョ
 本日は祭日ですが私は仕事です。また12/23でクリスマスイブではありませんが、明日は休みということで、一番のんびりできる今晩が我が家のクリスマスです。

今年のクリスマスは例年とは違い、隣家のMURさん宅と一緒に祝うことです。MURさん宅にはラブが2頭います。昨年のクリスマスまでは我が家にも、ゴールデンのレイがいまして、一緒にお祝いをしていました。


[READ MORE...]
我が家ではクリスマスの料理と言えばローストビーフ
 昨日はクリスマス前の最後の休日でした。クリスマスのための料理の材料の買い出しに出掛けました。普段は和食主体ですので、めったに使わない洋風の野菜類や肉の固まりを買ってきました。

我が家では毎年クリスマスにはローストビーフを作ります。今回は牛肉のランプを約1Kg弱いつものお肉屋さんで購入致しました。この肉屋さんは、面白い肉屋さんで、珍しいお肉を扱っています。例えば、鹿肉、イノシシ、馬、鴨、軍鶏肉など普通の肉屋さんでは手に入らないお肉を手に入れることができます。

[READ MORE...]
石鯛とめばちまぐろの料理 ?後編-
 結局自宅に戻り、石鯛の片身だけを下ろし、これは刺身に、残りは塩焼きにすることにしました。

ただ刺身の方はただ刺身ではつまりませんので、皿に薄切りにした刺身を盛り付け、その上に白髪ネギ水菜をたっぷり乗せました。その上に醤油を軽く味付け程度に掛け、小鍋にオリーブオイルを煮た立てたオイルをその盛り付けした皿の上から掛けます。


[READ MORE...]
石鯛とめばちまぐろの料理 -前編-
 昨日は休肝日でした。私にとって週一回の辛い夕飯となりますが、健康のためと考え節制している訳です。つまりお酒が飲めないから、家内には申し訳ありませんが、この日は自らつまみを作る気にはどうしてもならないのです。

しかし、翌日つまり本日は、気持ちも前向き?に今晩は何をつまみにと考えてしまいます。そういえば前回魚屋さんへ行った際に「めばちまぐろの近海物で良いのがあるよ!」なんて言っていましたね。まだあるかな?


[READ MORE...]
鱈の白子の味噌汁
 昨日は休みで床屋に行き、さっぱりして帰宅したところで、早速昆布と鰹節で出汁を取りました。

昨晩はその出汁を使って、白子味噌汁を作りました。
出汁にお酒と味噌を加え一煮立ちさせ味噌をよ~く溶かし5分程度そのまま放置。麹が沈殿した頃を見計らいこれを濾し、麹を取り除きます。

鱈の白子は一口大の食べやすい大きさに切り分け、沸騰した湯で湯引きをします。湯引きした白子をペーパータオルで水分を取り、そのまま椀に盛り付けます。椀にはネギの薄切りかアサツキなどを一緒に盛り付ける。

その椀に十分熱した麹を取り除いた味噌汁を上から足して、白子味噌汁の出来上がりです。

[READ MORE...]
日本海産天然ぶりのしゃぶしゃぶ
 昨晩は魚屋さんお薦めの日本海で捕れた天然ぶりをカマの塩焼きとしゃぶしゃぶで頂きました。

しゃぶしゃぶはぶりの皮を引き、腹身の脂の乗ったトロの部分を柳刃で気持ち薄く引き大皿に盛り付けます。

鍋には羅臼昆布と鰹節の出汁に加え、酒を足し一煮立ちさせ、キノコ類、野菜類を適当にいれます。その中に薄切りしたぶりを一枚づつ箸で持ち湯通ししたものを、アサツキを入れた自家製ポン酢で頂きました。

カマ塩焼きは、ただ焼くだけですが焼き上げたカマに「かぼす」をジュッと掛けて食べました。素材が良いだけにどちらも旨いって感じでした。

湘南の矯正医の料理とお酒の楽しみ方トップページ

誕生日が休肝日とは
 昨晩は私めの誕生日でした。しかし、なんと月曜日で休肝日ではありませんか!仕事場から家内にメールを送信し、「今日は休肝日だけど誕生日だし、お酒飲んでもいいよね?」そして返事は「では、今日は飲んでも良いです。」との返信でした。今日は飲んでも良いということは明日を休肝日にしろということか??

まっ!明日は明日。仕事の帰りに早速例の魚屋さんへ寄りました。殻付き生カキとカサゴがお薦めでした。カサゴは生きていますので、その場で生き締めして、3枚に下ろして貰いました。そうなんです刺身で頂くつもりで買いました。お値段は1300円だったのですが、誕生日なので100円安くして頂きやした。

[READ MORE...]
我が家の味噌汁の作り方
 昨日は久々の快晴で、日曜日で休みでした。朝から気分も良く羅臼昆布と鰹節の出汁とりで、2番出汁までとりました。快晴の休みでしたが、どこにも出掛けずのんびりと過ごしながら、適当にブランチし、そして休みならではの贅沢さで昼からビールとぐーたらを決め込みました。

私の自宅の真ん前は小高い丘があり、その丘は木々で覆われています。窓から眺めるこれらの木々は四季を伝えてくれる大切な自然です。昨日は暖かそうな光に包まれたこれらの木々が見えましたが、広葉樹は全て落葉してしまったものもあれば、紅葉したもの、そして濃い緑色をした針葉樹らが混ざり、まだ秋の面影を留めている風情です。


[READ MORE...]
金目鯛の塩焼き
 昨日は休みでしたので、午前中に用事を済ませついでに魚屋さんへ魚屋さんお薦めの金目鯛1匹とさより3本を買ってきました。

金目鯛塩焼きにさよりは刺身にと思い夕飯時に準備に取り掛かりました。一般的に金目鯛煮付けでというのが普通なのですが、数日前に偶然テレビの料理番組で金目の塩焼きをやっていて、旨そぉ~と思ったもので、早速試してみることにした訳です。


[READ MORE...]
鱈の白子蒸し
 昨夜は例の休肝日明け。仕事帰りには、すっかり恒例となった火曜日の魚屋さん通い。昨日は旨そうな鱈の白子がありました。その他にヤリイカ2杯、またまた赤ナマコを一匹購入。

今回はこの中で鱈の白子を蒸して頂く食べ方です。蒸し器で15分程度蒸すのですが、その前に熱湯で軽く白子を湯引きし、その白子を陶器の器に入れ軽くおを掛け、それから蒸し器に入れます。


[READ MORE...]
日本酒の起源について

日本列島に住む人々がいつ頃からを原料としたを造るようになったのかは定かではないが、稲作、とりわけ水稲の耕作が定着し、安定してが収穫できるようになってからのことであるのは確かと思われる。

日本にが存在することを示す最古の記録は、3世紀に成立した『三国志』東夷伝倭人条(いわゆる魏志倭人伝)の記述に見られる。同書は倭人のことを「人性嗜(さけをたしなむ)」と評しており、喪に当たっては弔問客が「歌舞飲」をする風習があることも述べている。ただ、このが具体的に何を原料とし、またどのような方法で醸造したものなのかまでは、この記述からうかがい知ることはできない。


[READ MORE...]
活きた蛸をゆで蛸に
 地を生きたまま三崎の魚市場で買ってきました。自宅に戻り早速絞めてから墨を取り除き、ぬめりをとるためにを振り、ボールの中でぬめりがとれるまで何度も何度も揉みあげます。これは正直かなりの力仕事です。

30分程度揉みますとぬめりもとれ身も柔らかくなりました。これをよく水洗いします。その間に大きな鍋にたっぷりの湯を沸かし、その湯に煎茶を入れ、その次に洗ったの足から徐々に入れて足が外側に丸まってくるのを確認しながらゆっくり浸していきます。

20061202094240.jpg


[READ MORE...]





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。