湘南の矯正医の料理とお酒の楽しみ方
大学を卒業し、湘南の地に憧れ、住み着いたのですが、それからもう27年も経ってしまいました。色々な経験をして今があります。そんな人生で得たことを綴っていければと思っています。
フリーエリア

6/4テレビで紹介!Oisixの野菜はこちら





プロフィール

torisu

Author:torisu
FC2ブログへようこそ!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生ウニを使った料理
 先日青森の友人から生ウニが届きました。このウニをどのようにして食べれば一番旨いか?をここ2日ばかりこのことばかり考えていました。

一番シンプルにウニ丼かそれとも火を通したものか?などなどですが、まず2品作ってみました。

一つは単純にウニ丼、そしてもう一品は山芋を輪切りにしフライパンでじっくり火を通しますがシャキシャキ感は残す。その山芋を器に盛りその山芋に生ウニをたっぷり乗せ、鍋で出汁お酒醤油で味を整え片栗粉でとろみ付けたあんを熱いうちに回し掛けます。それを冷凍庫で20分程度冷却します。

20070630152150.jpg


ウニ丼は、ご飯の炊き方に工夫をしました。お米を水洗いし、2時間ほどザルで水切りをしたものを鉄鍋に入れ、出汁を使って炊き上げた熱々のご飯に生ウニ、キュウリ、大葉の千切りそしてきざみ海苔を乗せて出来上がり。羅臼の昆布と鰹節の出汁100%で炊いたご飯はそれだけでも旨いのですが、その上にウニが乗ると本当に旨いです。

20070630152223.jpg


青森友人に感謝しつつ家内と美味しく頂きました。

スポンサーサイト
気ままな日曜日のひととき
 先日の日曜日は梅雨らしい一日で、ベランダから見て正面の道路脇に咲いている紫陽花が、雨に濡れ色鮮やかに輝いて見えます。紫陽花には雨が良く似合います。

当日は雨ということもあり、一日中出掛けることなく、出汁を取って、包丁を2本研いで、ブランチを作って、そして休みにしか味わえない昼間からの冷たいビールと、勝手気ままに楽しく自分の時間を楽しみました。

お酒が入ったこんな日は、つい料理のことを考えてしまいます。テレビや本などでみた旨そうな料理を思い起したり、こうしたらどうだろうといった日頃の発想を実際に試してみる時間に使います。

これが旨くいけば、自分の料理のレパートリーが一つ増えることになります。がしかし、実験台にされるのは勿論家内ですが、ときどき失敗をやらかすことがあり、大ヒンシュクを買うこともあります。こうして月に3.4度は気ままな一日を過ごすことがストレスの解消にも繋がっているように感じます。

先日の日曜日にだらだらと作った肴と最後はやっぱり日本酒でということで、一緒に頂いたお酒の写真です。
20070626113222.jpg

20070626113312.jpg

20070626113402.jpg

20070626113428.jpg

20070626113452.jpg


カサゴ煮付けと鯵のタタキ
 最近は料理のブログを書くのがちょっと面倒です。なぜかと言うと料理を作り、写真撮影まではするのですが、その後は当然「頂きま~す」でお酒を飲みながらこれら料理を肴に頂く訳です。

そしてまたもや当然のことながらお酒で気持ち良くなり、ついには何をやるにも面倒になってしまう訳です。以上のことから、その料理に関してのブログは全くその日には書く気がしなくなるということです。

ですから、料理やお酒のブログは勝手ながら時差が生じるようになりました。早速ですが先週の土曜日は翌日が休みで久々に何も予定が入っていないこともあり、仕事帰りに、例の魚屋さんへ寄り、岩ガキ2個、カサゴ1匹、釣りを4匹買ってかえりました。

早速カサゴは大好きな煮付けに、岩ガキはアサツキを薬味にポン酢で、はタタキにして醤油で味付けし、大葉、ミョウガ、アサツキの薬味と胡麻そして刻み海苔を掛けて出来上がり。

20070620181058.jpg

20070620181122.jpg

20070620181143.jpg


写真に収めると早速頂きました。全部旨かったけど、のタタキは最高でした。最後に熱~い白ごはんの上に乗っけて頂きました。

今年最後の学校検診
 一昨日の木曜日は、今年最後の私が担当している小学校の歯科検診でした。この5月から6月までの季節は、3回の歯科検診を行っています。大体1回で140名程度の児童の検診を午前中で診ます。

今回は、前回までの検診で欠席し検診を受けていない生徒も含め1年生4クラスの検診を行いました。小学校内の擁護室で検診を行うのですが、設備は無く無理な体勢で照明も暗いため、終わった後は、さすがに目が疲れるのと腕と肩に負担が掛かり、検診後2.3日は肩こりになってしまいます。

午前に検診を終え、帰宅しましたが、肩と腕に張りがありさすがにブログを書く気力はありませんでした。一休みした後、家内と大型ショッピングモールへ出掛け、日常品や食料を買い込みついでに昼食もモール内で済ませました。

自宅に戻る頃に小雨が降り始めましたが、大して濡れることもなく無事帰宅しました。買い物したものを整理し終わった頃には、外は小雨から大雨で確か中国、近畿、東海は梅雨入りが報道されていることを思い出し、関東も明日には梅雨入りが宣言されるかな?と思いつつ梅雨らしからぬ外の大雨を見ていました。

時計を見ると午後5時少し過ぎ、早速早めの夕飯の支度に取り掛かりました。穴子のミョウガ卵とじ、豚肉と厚揚げピーマン炒め、自家製干物の鰯丸干しと伊勢エビの味噌汁を作り、これらを肴に私にとって一日の疲れを癒す特別純米酒芳薫を頂きました。

20070616104004.jpg

20070616104030.jpg

20070616104102.jpg


20070616104131.jpg



干物写真撮りました
 昨晩、帰宅して早速テラスの干物を確認し、取り込みました。カミさんには、ちょっと不評です。と言うのは味ではなく、テラスで洗濯ものを干す際に邪魔だということと、匂いが臭く蠅が集まってくることを嫌っているようです。

それはともかく、甘鯛をグリルで焼き、昨晩の食卓に2品加えました。正直この甘鯛の開きもの丸干しも本当に旨い!旨い!これにはカミさんも喜んでいました。

20070613123420.jpg

20070613123451.jpg


しかし、これから夏に向かい暑くなる季節と伴に蠅も増えてまいります。テラスで干物を天日干しにするのは、ちょっと近所迷惑かも知れません。後ろ髪を引かれる思いですが少し自重する必要があるかも知れません。

今回は甘鯛と鰯の干物

 昨日月曜は休肝日でしたが、本日火曜日のために、珍しく魚屋さんへ行きまして、甘鯛2匹と真4匹買って帰りました。

食事を終えたあとに、買ってきた魚を捌いて、甘鯛は開きに、は内蔵だけとり出しました。新聞紙を広げその上に並べこれらに塩を振り、ある程度水分を新聞紙に吸わせ、干物用ネットに入れました。

こんな作業を、翌日に旨い肴を食べたいという思いから、夜中の11時頃にテラスに出てゴソゴソとやってしまいました。

今朝カラッと晴れ上がる青空の中で、太陽の光を燦々とネットの中の干物達が浴びていました。丸々と太ったが旨そうです。甘鯛も旨そうです。今晩が楽しみです!

写真は朝慌ただしくてつい撮り忘れました。今晩食卓に上った写真を明日にでも一緒に掲載したいと思います。

自家製が並ぶ昨晩の食卓
 昨日は休日で、朝から趣味の料理に趣向を凝らしていました。出汁、干物作製そして天日干しと午前に済ませ。昼は珍しく中華を外食で頂き、ショッピングモールで買い物をして帰宅。

早速テラスで干物の状態を見ましたが、順調に干物らしくなっています。少し早めの夕飯の支度に入り、米は鉄鍋で焚き、まずその間にキャベツをみじん切りにしてコールスローを作り、自家製の西京漬けをグリルで焼き、次に自家製の干物を焼き、と何となく安易な簡単料理で早めの夕飯になりました。

20070608122111.jpg
20070608122143.jpg
20070608122213.jpg



これらを肴に純米吟醸酒栄光富士で頂きましたが、干物はやはり、自分で作ったという心の調味料が加わり味が格別ですね。明日は、干物を頂こうと考えています。

20070608122248.jpg




初の天日干しに挑戦の結果
 昨日はあまりに天気が良かったために、初の試みでアオリイカのミミを天日干しに致しました。午前10時から夕刻6時迄自然の太陽と風に当てたものを、網に乗せ両面を炙りました。

それを食べやすいサイズに切り分け、大葉を刻み上に盛りつけました。これは正直本当に美味しく上品な味わいでした。今後絶対に癖になりそうです。


20070604160237.jpg


その他にサラダ、そして最後になった北海道からのアスパラとマッシュルームをバター炒めして上からチーズを乗せたもの。そして、以前鮪の頬肉の残りで冷凍していたのを解凍し、醤油日本酒だしで下味を漬け、片栗粉をまぶしフライパンで竜田揚げにしたものに、大根下ろしを掛けて頂きました。

20070604160644.jpg
20070604160809.jpg




今回はこの他に金目の西京浸け焼き、これらを肴に、特別純米原酒鳳陽で頂きました。


20070604160858.jpg





今回は初めて天日干しを経験しましたが、やはり、カラスや野良猫対策の天日用のカゴを購入するべきかと考えています。

アオリイカのミミの干物
 本日は夏を思わせるような快晴です。昨日は遅かったせいか今朝はいつもより遅く目覚めました。あまり天気が良いので、冷凍してあった、あおりいかのミミを干物にするために、ザルに載せ塩を振りテラスで日干しをしました。

ただ心配なことは、最近小鳥を始めカラスなどがテラスにまで訪れるようになったことで、これら干物が持ち去られないかということです。今ブログを書いているそばから、小鳥のさえずりが聞こえると、ついテラスの干物に目を向けてしまっています。

20070603122431.jpg

<日干しにして2時間経過>

しかし、太陽の光と自然のの力というものの強さを感じます。冷凍していたものがものの10分程度で完全に自然解凍され、表面の水分も結構蒸発してはいるものの、奇麗な面を維持しています。まっ!とにかくあと2、3時間は太陽の光を充分当てて、今晩のお酒の肴にと目論んでいます。

これが旨く行けば干物作りが癖になるかもなんて思ってしまいます。自家製の干物もいいかもしれませんね。

南部鉄鍋の3合炊きを賞品で手に入れました。
 この南部鉄鍋が届いたのが先週の水曜日でした。何を作るか単に米を炊くだけじゃつまらないと考え、初の試みですが、鯛飯を作ろうと思い立ち、木曜日の休みの日に魚屋さんへ出掛けました。

天然の鯛を一匹そして、巨大な江ノ島沖で取れたというアオリイカを一杯買って帰りました。早速お米を3合磨ぎ、一時間ほど水を切り、鉄鍋に入れて、出汁と日本酒で目盛りまで継ぎ足し、そのままやはり1時間ほど放置。

その間にアオリイカを捌き、ミミを刺身にそして半身をイカのフライに、2日前に買ってあった鮪の赤身の漬けを刺身しました。そして天然の鯛をグリルで塩焼きにするために火を付けました。

20070602144936.jpg
20070602145021.jpg



ちょうど夕方近くなり、そろそろ鉄鍋に火を入れ最初は中火で吹く迄様子をみて、吹いてきたら吹きこぼれる寸前に蓋を少し開け、割り箸を入れ隙間を開け弱火に落とします。隙間から中の水分は完全に無くなり米がふっくらとしたら出来上がり。

そこに塩焼きにした鯛の骨を抜き身だけをほぐし外します。このほぐした身を炊きあがった鉄鍋の米と混ぜ合わせて鯛飯の出来上がりです。すぐに茶碗に盛り頂きました。旨かったのですが、すっかり写メールに撮るのも忘れてしまいました。

写真は本命の鯛飯作りの前に作ったイカミミの刺身と鮪赤身漬け刺身です。写真忘れて残念ですが、次回またチャレンジするときは忘れずに撮りたいと思います。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。