湘南の矯正医の料理とお酒の楽しみ方
大学を卒業し、湘南の地に憧れ、住み着いたのですが、それからもう27年も経ってしまいました。色々な経験をして今があります。そんな人生で得たことを綴っていければと思っています。
フリーエリア

6/4テレビで紹介!Oisixの野菜はこちら





プロフィール

torisu

Author:torisu
FC2ブログへようこそ!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鱈と湯豆腐の鍋
 寒くなるとですが、我が家で最も登場すると湯豆腐です。
通法とおり、に1:3の比率で出汁と水にお酒適量、羅臼の昆布10cm角を1枚入れて煮立つまで待ちます。

その間に生を食べやすいサイズに切り分ける。入れる野菜、キノコ類、豆腐を同様に食べやすいサイズにカットしておく。

20061115180853.jpg


が煮立ったところで生を入れ、アクを取り除き、まずキノコ類を入れ、次に野菜そして最後に豆腐を入れの蓋をして、蒸気穴から蒸気が出てきたら火をとします。

を沸騰させないのがコツです。沸騰させると豆腐に気泡が入り、折角の絹ごしの滑らかさが失われ味も落ちてしまいます。折角の湯豆腐が台無しになってしまうのです。

これを自家製のポン酢で食べるのが我が家の頂き方です。



湘南の矯正医の料理とお酒の楽しみ方トップページ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hdtorisu.blog83.fc2.com/tb.php/1-3b3b2ae4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。