湘南の矯正医の料理とお酒の楽しみ方
大学を卒業し、湘南の地に憧れ、住み着いたのですが、それからもう27年も経ってしまいました。色々な経験をして今があります。そんな人生で得たことを綴っていければと思っています。
フリーエリア

6/4テレビで紹介!Oisixの野菜はこちら





プロフィール

torisu

Author:torisu
FC2ブログへようこそ!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の味噌汁の作り方
 昨日は久々の快晴で、日曜日で休みでした。朝から気分も良く羅臼昆布と鰹節の出汁とりで、2番出汁までとりました。快晴の休みでしたが、どこにも出掛けずのんびりと過ごしながら、適当にブランチし、そして休みならではの贅沢さで昼からビールとぐーたらを決め込みました。

私の自宅の真ん前は小高い丘があり、その丘は木々で覆われています。窓から眺めるこれらの木々は四季を伝えてくれる大切な自然です。昨日は暖かそうな光に包まれたこれらの木々が見えましたが、広葉樹は全て落葉してしまったものもあれば、紅葉したもの、そして濃い緑色をした針葉樹らが混ざり、まだ秋の面影を留めている風情です。


やはり暖冬なんだなぁ~と、そんな景色を眺めながら、ビールを飲みちょっとつまみを作ったり、そのつまみを食べながらテレビ映画観戦したりと昼過ぎまでちょっとぐうたらを楽しみましました。

日照時間が短くなったせいか?曇ってきたせいか午後3時にはかなり薄暗くなってきました。この時間になると出汁も冷え器に入れ冷蔵庫で保管し、必要なときに常時使える状態にしておきます。

2番出汁は、味噌汁に使いました。2番出汁あさり味噌汁が旨いのですが、生憎ありませんので、若布豆腐とネギの具で我慢しました。今回はこの味噌汁の作り方ですが、味噌を2番出汁で溶かした後に必ず麹を軽く濾して取り除きます。

椀の中に若布とネギを入れ、麹を取り除いた味噌汁の中に豆腐を入れますが、この味噌汁は沸騰する寸前で必ず火を落とします。沸騰させると豆腐に巣が入り折角の絹ごしの滑らかさが無くなり美味しくありません。この味噌汁豆腐と一緒に若布とネギの入っている椀に入れ頂きます。味噌の麹が無いことで舌感が豆腐の滑らかさだけを感じとることができます。


湘南の矯正医の料理とお酒の楽しみ方トップページ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hdtorisu.blog83.fc2.com/tb.php/13-262c24bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。