湘南の矯正医の料理とお酒の楽しみ方
大学を卒業し、湘南の地に憧れ、住み着いたのですが、それからもう27年も経ってしまいました。色々な経験をして今があります。そんな人生で得たことを綴っていければと思っています。
フリーエリア

6/4テレビで紹介!Oisixの野菜はこちら





プロフィール

torisu

Author:torisu
FC2ブログへようこそ!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口コミの凄さ
 先日、何気なくさいか屋というデパートに出掛け、地下の酒屋さんを覗きました。どんなお酒があるのか?と言う酒飲みの卑しさがなせる行動とも言えますが、軽い気持ちで覗いたら、何と幻と言われているお酒が鎮座していました。それも1本どころか10本近く並べられていました。

これは、確か6.7年程前に新潟の長岡市で学会に出席した際に、知り合いの先生のご紹介で訪れた酒屋さんで、やっと2本手に入れた経験がありますが、その時に味わったのを最後に、悲しいかな今迄手に入ることはできませんでした。

勿論色々な酒屋さんにお願いしても、とても無理というのがどこの酒屋さんでの共通した答えでした。6.7年前に手に入れた長岡市の酒屋さんも地元にも関わらず、かつ蔵元との古い付き合いにも関わらず、年に8本しか手に入らないと言われていたほどです。

このお酒は、あの有名な三梅と言われる中の一つで高名な越乃寒梅というお酒ですが、いわゆる一般的に出回っている越乃寒梅というお酒ではなく、その中でもごく少数の生産しかしていない純米吟醸酒の「金無垢」というお酒です。
金無垢

なんとこのお酒がプレミアではなく正規の値段で、しかもデパートに売っていることに驚きました。これぞまさしく衝動買いといいますか3本まとめて買ってしまいました。

そのお酒を大事に抱え、例の魚屋さんへ寄り、活きの良い鱈を買ってきました。その日は休診日前ということもあり、金無垢で一杯やりながら、鱈と湯豆腐で美味しく頂きました。

そのお魚屋さんで、鱈を買う際に目ざとく見つけられ何のお酒かと聞かれ、私の知っている情報を気軽に話した次第です。それから2日経ち私のスタッフがさいか屋の酒屋へ出掛けてみると、なんと残りわずかに1本だったそうです。

そのスタッフは最後の1本をゲットしてほっとしたようですが、私がちょっと口を滑らせたために、あっという間の2日間で完売してしまったようです。口コミとは凄いものですね。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hdtorisu.blog83.fc2.com/tb.php/142-e703961b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。