湘南の矯正医の料理とお酒の楽しみ方
大学を卒業し、湘南の地に憧れ、住み着いたのですが、それからもう27年も経ってしまいました。色々な経験をして今があります。そんな人生で得たことを綴っていければと思っています。
フリーエリア

6/4テレビで紹介!Oisixの野菜はこちら





プロフィール

torisu

Author:torisu
FC2ブログへようこそ!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勘八の胡麻鯖風

 昨晩は休肝日あけの火曜日でした。例の魚屋さんで買ってきた、アオリイカ一杯と活き締めの勘八の刺身の柵から早速、酒の肴に調理をしました。

自宅玄関を開け、昨日の休肝日に比べると、ウキウキした気分で「ただいまっ~!」と自然に大きな声になってしまいます。いつもの着替えを済ませ、手を洗いそしてうがいをして台所へ、家内と入れ替わりで、早速肴作り。

まずアオリイカを半身、手でもって皮を剥き、ペーパータオルで水分をよ~く拭き取り、表面に格子状の切れ目を付け、刺身に引きました。勿論イカミミも同様に刺身に。この刺身に卵の黄味を乗せ大葉、白胡麻を振り掛け出来上がり。頂くときは醤油を適量加え、黄味を崩し、この黄味を絡めて頂きます。あおりは甘味と独特のねっとり感が最高ですね。
アオリイカ刺身

そしてもう一品勘八の胡麻鯖風です。福岡では冬場になるとよく食べる胡麻鯖というものがあります。鯖の種類ではなく料理品で、生の鯖の刺身に、タレを掛け、アサツキと胡麻をたっぷり振りかけて頂く物ですが、関東では生の鯖の刺身は寄生虫に当たる危険性が高く、その代用として勘八やブリを私は使っています。タレは醤油、お酒、味醂、昆布と鰹節出汁を一煮立ちさせたものを使います。少し残し最後に茶漬けで頂くとまた美味いですよ。
カンパチ胡麻鯖風

あと金目鯛の切り身も買ってきましたが、これは、酒粕に漬け明日か明後日にでも頂きます。また、残りにイカの半身は、干物にするか、フライにするか思案中です。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hdtorisu.blog83.fc2.com/tb.php/144-51b509a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。