湘南の矯正医の料理とお酒の楽しみ方
大学を卒業し、湘南の地に憧れ、住み着いたのですが、それからもう27年も経ってしまいました。色々な経験をして今があります。そんな人生で得たことを綴っていければと思っています。
フリーエリア

6/4テレビで紹介!Oisixの野菜はこちら





プロフィール

torisu

Author:torisu
FC2ブログへようこそ!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まぐろのカマの塩釜焼き
 明けましておめでとうございます。年末年始の休み中家内の実家へ行っていたために、さすがに料理はしませんでした。しかし、残り休み2日を残し湘南へ戻って参りました。

翌日早朝から、早速出汁作りからはじまり、包丁を研ぎ、などいつでも料理ができる準備だけは始めました。そんな準備をしながらのんびりと残り少ない休みを過ごしていました。


そこへ隣人からの電話で夕飯に招待されました。冷蔵庫をCheckしますと休み中買い物に行っていませんのでさすがに空隙が目立ちます。冷凍室にまぐろのカマが入っていました。早速解凍のため冷凍室から出し自然解凍を開始。

さすがに明日以降のこともありましたので、ついでに買い出しに出掛けました。家内と両手に袋を抱え帰宅したのが夕方。隣家へ伺う時間まで30分程度しかありません。

自然解凍したまぐろのカマに熱湯をかけ湯引きをし、前準備していた水で湿らせた乾燥昆布でまぐろのカマを包み込みます。その上に生卵の白身と塩を練りメレンゲを作り全体を覆いつくします。

これを180度で40分焼き上げるためにオーブンにいれ、スイッチオン。そのまま焼き上がるまで隣家で一杯始めながら待ちました。40分経過したころに一度我が家へ戻りオーブンから塩釜焼きを取り出し、表面の塩を割り、皿に盛り付け隣家へ持参。

早速頂きましたが、鯛や鱸といった白身と比べ脂も乗っているので、どうかなと思いましたが、なかなかの美味でした。やはり手間暇掛けるだけあり、単に焼くよりは数段旨いものですな。

今度はお肉系にも挑戦してみようかと考えています。そうそう慌てていたため写真撮るの忘れてしまいました。残念。


湘南の矯正医の料理とお酒の楽しみ方トップページ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hdtorisu.blog83.fc2.com/tb.php/22-119a446d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。