湘南の矯正医の料理とお酒の楽しみ方
大学を卒業し、湘南の地に憧れ、住み着いたのですが、それからもう27年も経ってしまいました。色々な経験をして今があります。そんな人生で得たことを綴っていければと思っています。
フリーエリア

6/4テレビで紹介!Oisixの野菜はこちら





プロフィール

torisu

Author:torisu
FC2ブログへようこそ!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノドグロ(赤ムツ)の煮付け
 昨日は休肝日明けの火曜日でした。例の魚屋さんでお薦めだったのがノドグロというお魚(新潟地方でこういった呼び名をされていますが、喉が黒いことからこういった呼称になったそうです。関東では赤むつと呼ばれる魚)です。

この魚を昨晩は煮付けにしました。鱗をとり内蔵をとったら表裏と湯引きをします。私は煮付けには2枚のフライパンが密閉できるものを用いています。この下になるフライパンに出汁、お酒、醤油、蜂蜜を入れて煮立てます。煮立った中に湯引きをした魚を入れ、上のフライパンで蓋し密閉します。

10分程度でフライパンごと裏返しにして片面も10分煮付け、盛り付けに白髪ネギを添えて終わり。帰宅した時間が8時を過ぎたため、急いで作り家内と二人で「いっただきま~す」と早速頂かせて貰いました。

当日買ってきた「浦霞」の特別純米酒をちびちびやりながら、ノドグロ煮付けを頂きましたが、これまた結構なお味でした。さんざん食べた頃に、「あっ!写メールで撮るの忘れた!」

仕方ないですね。今回は画像無しです。

湘南の矯正医の料理とお酒の楽しみ方トップページ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hdtorisu.blog83.fc2.com/tb.php/31-c45b5b5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【厳選ギフト】【栃木の地酒セット】門外不

特別純米 門外不出 720ml口当たりが柔らかで、深い味わいがあるのに後味がすっきりとしています。杜氏の熟練の技術が光る美味しい日本酒です!冷や、またはぬる燗でお楽しみ下さい。 ◆アルコール度数:15%◆日本酒度:+4◆酸度:1.6◆使用米:五百万石◆精米歩合:55% 特別純米酒がたくさん【2007/08/13 18:17】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。