湘南の矯正医の料理とお酒の楽しみ方
大学を卒業し、湘南の地に憧れ、住み着いたのですが、それからもう27年も経ってしまいました。色々な経験をして今があります。そんな人生で得たことを綴っていければと思っています。
フリーエリア

6/4テレビで紹介!Oisixの野菜はこちら





プロフィール

torisu

Author:torisu
FC2ブログへようこそ!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷しゃぶ、スペアーリブ 鰹タタキ
 昨日は一日ノンビリ過ごし、夕刻6時から少し早い夕飯の支度を始めました。お米だけは3時に洗米し、ザルにあげ水切りをしていたものを5時に炊飯器に入れ水を目盛りまで入れて、最後に乾燥昆布の約5cm角のものを入れる。

6時に炊飯の電気を入れてから、食事の支度を開始。牛肉の冷しゃぶ、骨付き豚肉の味噌漬けをスペアーリブ、そして昨晩の残りタタキをおろしポン酢で、最後にお隣から頂いた生湯葉を小鍋でワサビ醤油で頂きました。

20070319133522.jpg
20070319133603.jpg
20070319133636.jpg


牛肉の冷しゃぶは、鍋に水を入れてさっと湯に肉を通し、冷水で冷やし水切りをする。鍋に溜るアクをきれいに取りながら、その鍋の湯に水菜も湯通しして、冷しゃぶと一緒に盛りつける。すり黒ごまとポン酢を混ぜたものを上から掛回す。残った鍋の湯はきれいにアクを取り除き塩胡椒で味付けをして、具にネギや水菜を加えスープとして一緒に頂きます。

次に自家製の味噌漬けの骨付き豚肉を、やや強火でフライパンで軽く焦げ目が付く程度焼き裏側にして日本酒を大さじ2杯程度回しかけ弱火にして、完全に蓋をして20分程度蒸らす。肉に火が通っているのを確認し、肉を回しながらそれぞれの面に軽く焦げ目を付けて出来上がり。

今回写真に納めたのは、のタタキ、冷しゃぶスペアーリブだけで、湯葉とスープは取り忘れました。どうも熱いものは熱いうちに食べたいという気持ちが先にたち写真がおろそかにになってしまいます。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hdtorisu.blog83.fc2.com/tb.php/51-fa036a34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。